株式会社 埼玉冠婚葬祭センター 葬儀フリーダイヤル

家族葬

最近の葬送の形


葬儀の形式 故人の家族や親戚、あるいは本当に親しかった方のみで行う葬儀・告別式の形を最近は「家族葬」と呼んでいます。
しかし、「家族葬」というはっきりとした定義があるわけではありません。
急激な高齢化現象によって平均寿命が伸びたことや核家族化が進み、社会との繋がりが薄れてきたことも家族葬が増えてきた理由といえます。
しかし、家族葬を行うには、家族はもちろん、近親者の理解を得ることが大切です。
家族葬は落ち着いた時間の中でじっくり時間を掛けて故人と最期のお別れが出来るという反面、葬儀後に故人とお付き合いのあった方々がつぎつぎとご自宅に弔問に訪れるという事態も発生し、ご遺族様が心身ともに疲れてしまうということも考えられます。
一方、お葬式自体の流れについては、基本的に一般的なお葬式と大きく変わりません。
費用の軽減だけを考えるのではなく、だれがどのように故人とお別れをしたいか、故人に喜んでもらえる葬送の形を考えることが重要です。
 
 

緊急の方
お急ぎの方は
こちらへ

048-881-9111

24 時間 365 日対応

トピックス


朝霞、志木、新座、和光、川口、富士見、ふじみ野・三芳の各市町には、それぞれの市町民を対象とする 市(町)民葬儀制度があります

朝霞、志木、新座、和光、川口、富士見、ふじみ野・三芳の各市町には、それぞれの市町民を対象とする 市(町)民葬儀制度があります。

子や孫へ残す、未来への贈り物。それがサンクチュアリです。大切な想い出は、色褪せることなく半永久的に保存できます

子や孫へ残す、未来への贈り物。それがサンクチュアリです。大切な想い出は、色褪せることなく半永久的に保存できます。